MENU

【なぜ人気?】ブルーボトルコーヒーが人気の理由を徹底解説!

2002年にジェームズ・フリーマンによってカリフォルニア州オークランドで創業されたコーヒーブランド「ブルーボトルコーヒー」

日本国内でも人気が高まっており、ひとカップずつ淹れる「マイクロブリューコーヒー」がブルーボトルコーヒーの特徴です。

そこで今回は、ブルーボトルコーヒーが人気の理由を徹底解説していますのでぜひチェックしてみてください!

目次
スポンサードリンク

ブルーボトルコーヒーはなぜ人気?

引用:ブルーボトルコーヒー公式サイト

ブルーボトルコーヒーが人気の理由は鮮度と品質に対するこだわりが高く、生豆のバイヤーが季節ごとに旬のコーヒーを世界中から買い付けているためです。

そのため、新鮮で風味豊かなコーヒーを提供することができ、独自の焙煎方法を用いて焙煎の過程でコーヒー豆の個性を最大限に引き出しています。

さらに、ブルーボトルコーヒーは鮮度を保つために真空パックや特殊な保存方法で酸化や湿気からも守ったり、焙煎方法にもこだわって毎日小ロットで焙煎を行うことで必要な分だけを提供しています。

これにより、常に最高の鮮度と品質を提供することができ、最高の風味と香りを楽しむことができます。

ブルーボトルコーヒーとは?

引用:ブルーボトルコーヒー公式サイト

ブルーボトルコーヒーは、その独特な味わいと高品質なコーヒー豆で世界中から絶大な支持を得ています。

ブルーボトルコーヒーの創業者であるジェームズ・フリーマンは、2002年にオークランドで最初のカフェを開業しました。

ファーマーズマーケットに出店するようになったジェームスは、自身のコーヒー作りに影響を与えた日本の喫茶店のように、一杯ずつコーヒーを作り提供していました。

それは当時のアメリカでは珍しいスタイルだったため、最初は不思議がられましたが次第に支持されるようになりました。

その後、ニューヨークや東京など世界各地にも進出し、現在はアメリカ、日本、韓国、香港で約100店舗を展開しています。

ブルーボトルコーヒーのおすすめグッズ3選

ボールド ブレンド 200グラム

ボールドブレンドは、リッチで心地よいブレンドのコーヒー豆。

コーヒー豆はオーガニック認証を受けたものを使用しており、ダークローストによってコーヒーに自然に存在するココアやキャラメルのようなフレーバーを引き出しています。

磁器 清澄マグ

ブルーボトルコーヒーのオリジナルマグカップ「KIYOSUMI MUG」。

日本でデザインされたこのマグは”KIYOSUMI” と名付けられ、シンプルで洗練されたデザインのマグは朝のコーヒータイムをいろどってくれます。

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コーヒー ドリッパー

ブルーボトルコーヒーの考える「美味しさ」を表現するために 開発されたオリジナルのドリッパー。

物理学者たちと共に、3つのポイントに着目したドリッパーをデザインし、佐賀県有田焼の職人技がこの繊細なデザインを実現しました。

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ブルーボトルコーヒーに関するよくある質問

ブルーボトルコーヒーの発祥は?

ブルーボトルコーヒーの発祥はアメリカ・サンフランシスコで、創業者のジェームズ・フリーマンが日本の喫茶店にインスピレーションを受けてブルーボトルコーヒーを展開していきました。

ブルーボトルコーヒーの価格は?

ブルーボトルコーヒーの価格は店舗によって異なりますがエスプレッソ1杯450円ほどからとなっています。

また、ワッフルやブレッド系の軽食やマグカップやタンブラーなどのグッズも販売されています。

まとめ:ブルーボトルコーヒーは豆の品質が魅力!

ブルーボトルコーヒーは高品質なコーヒー豆を厳選し、丁寧に焙煎することで豆の個性や風味を最大限に引き出しています。

オンラインストアでは自宅でも楽しめるコーヒー豆やオリジナルグッズも展開していますので、ぜひチェックしてみてください!

ブルーボトルコーヒーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます。

スポンサーリンク
目次